DIY

マンションのベランダにかっこいい時計を取り付ける方法

ベランダに時計を取り付ける方法

こんにちは、NKGarden植物男子Kです(*’▽’)

マンションのベランダにかっこいい時計があったらかっこいいと思いませんか?

僕はかっこいいと思います。かっこいいと思ったので取り付けてみました(^^)

今回はマンションのベランダに時計をとりつける方法と注意点についてご紹介します。ベランダに時計を取り付けてみたいとちょっとでも思ってしまった方はぜひ参考になさってみてください(^^♪

時計取り付けBefore&After

何もなかったベランダの側面に・・・

かっこいい時計がつきました(‘ω’)ノ

マンションのベランダに時計を取り付ける方法

おしゃれなお部屋をみていると、柱から横向きに時計が取り付けられていたりしますよね。

例えばこんな感じ↓↓

こういうのを見ていて、ベランダにぜひ取り付けたいなと思いました。

でもコンクリートの壁で囲われたベランダにはこの時計を直接取り付けることはむずかしそうで、どうしたら取り付けられるか考えたところ・・・。

排水管に取り付ける

白羽の矢が立ったのはこちらの排水管。

もちろんこれにビスを打って取り付けるということはできませんが、ちょうどヒントになる金具が使われていました。

 

▶立バンドという金具

こちらの金具は立バンドといって排水パイプを壁などに固定するときに使われますが、これを使えばパイプや壁を傷つけずに時計を取り付けられそうです。

取り付けやすい時計とは

左がDLUTON、右がENGLAND

取り付け場所の当てが出来たところで次は時計選びです(*’▽’)

せっかくだからかっこいい時計を取り付けたいですよね。

でもどんな時計でもいいというわけではありません。取り付けやすい時計とそうでない時計というのがあります。

 

▶とりつけにくかったDLUTONの時計

こちらは実際取り付けようとおもって購入したDultonというメーカーの時計です。

クラシックなスタイルの黒の時計で本当にかっこいいのですが、実際到着してから問題が…

取り付けの計画を練っていた時点で、もともと持っていた時計を参考に金具などを買っていたのですが、届いてみると取り付け部分が全然違うではないですか(;’∀’)

そのため計画を変更してDultonの時計を部屋用にしてもともとの物を取り付けることにしました。

\エントリーでP20倍!買いまわりで最大P29倍★4/23 20:00-4/28 1:59/【レビュー特典あり】掛け時計 アナログ 時計 壁掛け クロック ナチュラル シンプル ブラック ミント オリーブ クリーム ENGLAND イングランド ワーム

↑取り付け金具の位置が変更になっている可能性がありますご注意ください

 

取り付けに必要なもの

▶実際に取り付けのために購入した金具はこちら。

・立バンド 80A
・M5のボルトネジ
1.5㎝のもの2本⇒金具と時計を固定
3㎝のもの2本⇒立バンドと金具を固定

・M5用のナット4個、ワッシャー8個

これをそろえるのに結構苦戦したのでそのことも書いておきます

①立バンドの大きさを間違った
⇒80Aが管の直径90㎜用。

 

排水パイプはよく調べればどこかにサイズが書かれていると思われますが、当初そのことに気づかずに排水パイプのサイズを調べようと思い、メジャーで外周をはかって円周率で割ったところ約90㎜だと割り出しました。

その結果をもって、ホームセンターに買いに行ったのですが売ってある立バンドを見ると100A、80A、60A…と90㎜用の物が置いていないと勘違い

ネットで90㎜用を調べたらヒットしたので…さすがネットやなと思って購入。数日後届いたものをみてビックリ…65Aと書かれている…

最初に調べておけば良かったのですが、実は80Aという商品こそ管の直径89.1㎜用の物だったのです。そのため改めて買いなおしました(/ω\)

http://www.akagi-nt.co.jp/seihin_guide/seihin_htm/A10323.htm

 

 

取り付け手順

なんか・・・上すぎ・・・

ここからは実際の取付の様子をご紹介します。

⓪取り付けイメージ

立バンドと金具、時計の取付イメージを確認します。ちょうど時計の真ん中から横向きの金具が出てくるようにバランスを調整します。

 

①金具を固定する

+ドライバーとレンチを使って金具同士を固定します。

 

ボルト⇒ワッシャー⇒金具⇒金具⇒ワッシャー⇒ナットの順番です。

 

②時計に金具を取り付ける

③排水パイプに立バンドを取り付け時計を固定する

時計の準備が出来たらあとはベランダでの作業です。

 

立バンドは締めていない状態だとこのようにかなり隙間があいていて、締め付けるには長めのボルトが必要です。

最初は短いボルトを買っていたので買いなおしに…(笑)

 

時計つきの金具を慎重に固定していきます。

大まかに取り付け、その後でズレをなおしたら完成です。

とりつけ完了

なんとか想像通りについてくれて一安心。このあとフェイクグリーンと麻ひもで万が一の落下対策を施して完了です(^^)/

 

まとめ

かっこいい時計を取り付けることでベランダが機能的にもデザイン的にも素敵なものになるかもしれません。

ベランダに排水管が走っていて、おしゃれな時計を取り付けたいと思われた方はぜひ試してみてください。

 

ABOUT ME
アバター
植物男子K
植物とDIYをこよなく愛する植物男子兼精神科医。 大学時代は和食さとで料理と自炊の腕を磨く傍ら、水にぬれたプリント化粧板の家具がふやけたことに衝撃を受け、本物の木の家具に憧れを抱くも、高すぎる大塚家具に絶望しDIYに目覚めた過去を持つ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です